通信制大学とはどんなところ?

通信制大学は通学の必要がなく、自宅でも通勤の電車の中でも、自分の好きな時間に学べるのが魅力です。インターネットを利用して、自分が選択した授業を視聴し、試験を受けたり、レポートを提出したりして卒業に…

通信制大学のメリット

通信制大学とは、大学に毎日通うことなく主に自宅での学習で卒業を目指す大学です。必要な単位数は普通の大学と全く同じです。しかし、一口に通信制大学といっても、学習方法には様々なものがあります。送付され…

自宅にいながら資格が取れる通信制大学

通信制大学は自宅で学べる大学です。スクーリングと科目試験には通学しますが、最近ではスクリーングがなく試験がネットで受けられる大学も増えています。保育士、認定心理士、日本語教師等の資格取得が可能です。

通信制大学とは?

通信制大学は、どんなところなのか、よく知らない方も多いのではないかと思います。通学するのと、通信制大学に通うのとでは、どのようなメリット・デメリットの違いがあるのでしょうか。進学先に悩んでいたら、少しでも参考になればと思います。

通信制大学に通うことがおすすめな人は?

今では、常に20万人以上もの人が通信制大学を使用していて、通信の発達は、学びのスタイルを大きく変えたと言われています。しかし、そもそもなぜ最近になって通信制大学が人気になってきたのでしょうか?また、通信制大学を選択するのをおすすめする人を紹介していきます。通信制大学はどのような人たちに利用されているのでしょうか?

通信制大学の歴史

通信制大学が人気な理由

通信制大学がおすすめな人

通信制大学のデメリット

通信制大学とはどのように勉強するところなのか

私立の大学では、全日制の大学もあれば通信制大学が備わっているところもあります。そのほか、全日制がない通信制大学専門のところもあります。通信制大学では自宅で勉強することが主となり、ときどきスクーリング授業として月に1度ほど学校に足を運んで勉強を受けに行くだけで、本来の授業はテレビやラジオ、最近ではインターネットのウェブサイトから視聴できる動画で受けられるようになっています。自由な時間帯で勉強することができるため、仕事をしながら学ぶ人もいれば、子育てしている専業主婦のなかでも何か資格を取ろうと勉強する人がいます。全日制の大学と比べて学費も安いところが多いので、大卒の学歴を得ようと学士を取得するために利用する人もたくさんいます。

メリットもあればデメリットもあります

通信制大学で勉強するには、学費が安いところと、自由な時間マイペースに勉強することができるメリットがあります。しかしその反面、デメリットもあるため、そのデメリットも十分に把握することが大切です。通信制大学のデメリットは、わからない問題が見つかれば全日制の場合は、すぐに教えてもらえる教授や講師が教室にいますが、通信制大学の場合、それは難しくなります。教えてもらうことができるとしても、すぐに教授に聞くことができるわけではなく、メールや手紙を送って問い合わせる方法となり、返事も早くて1週間ほど経ってからとなる場合があります。そのほかのデメリットでは、モチベーションを一人で維持させなければならないことで、一人で勉強する孤独に耐えなければなりません。そのため、本当に勉強にやる気が無ければ、継続させることが難しいといわれています。